JR山手線・都営三田線 巣鴨駅 巣鴨とげぬき地蔵尊そばの歯科医院 ほそだ歯科        リンク
巣鴨の歯科医院 ほそだ歯科TEL 03-3910-4182 お気軽にお電話ください

これってなぁに?

お口の健康や治療について、また、治療や衛生管理のための機械や器具についての質問にお答えします。

機器や器具についてフッ素についてキシリトールについて金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

アレルギーの症状には、頑固な湿疹・かぶれ・吹き出物などがあります。アレルギーの原因には様々ありますが、そのひとつに歯科治療のときに歯科補綴物(詰め物や被せ物)によって引き起こされるケース( 金属アレルギー)があります。
当歯科医院では、そのようなケースに対応するために、歯科材料として天然歯と極めてセラミック(非金属無機材料)やハイブリッドセラミック(硬質プラスチック樹脂)を使用した治療も行なっております。

金属アレルギーって何?

金属アレルギーについて金属アレルギーは、唾液で口の中にある金属の金属イオンが溶けだし身体に入ったときに、異物から体を守ろうとする反応がアレルギーとして現れる現象です。
アレルギーを起こしやすい金属は、水銀・コバルト・クロム・ニッケルなどで、これらは通常使用される歯科用金属にも含まれている事があります。
症状は個人差があり、全く出ない人もいれば、皮膚が湿疹や炎症を起すだけでなく、化膿などの重症の場合もあります。

 

金属アレルギーの原因は?

金属アレルギーは、直接金属によってアレルギー反応が起きるのではなく、金属が唾液や皮膚などと触れる事でタンパク質と結合し、本来生体に存在しないタンパク質に変化します。
それを“異物”とみなした身体が対抗しようとする事で、炎症などのアレルギー症状が引き起こされるのです。

 

金属アレルギーの予防と治療法は?

金属アレルギーの疑われる患者さんには、治療に先立って金属アレルギーの検査の一つであるパッチテストなどを行なって調べますが、金属アレルギーは何年も経ってから発生する場合もあります。

※パッチテスト=原因と考えられる金属の試薬を体に張り、赤みや腫れなどの有無を調べます。

アレルギーが生ずると、数年から数十年は、その反応はなくなりません。しかし、お口の中にある金属の詰め物や冠を除去すると、症状が好転した場合もあります。
歯科金属アレルギーの詳細なメカニズムはまだ解明されていません。
一番の治療法は、金属の除去とノンメタル治療を行なうことです。
前歯にセラミック(非金属無機材料)などを使用し、見えないところにもバイオ系の金属を使用していくことです。
小さな銀歯であるインレーなどはハイブリッドセラミック(硬質プラスチック樹脂)などを使用します。
義歯を作る場合でも、できるだけノンメタルで製作し、やむを得ない場合もチタンやプラチナなどで義歯を製作します。

▲ ページのトップへ